住宅ローンの支払いはどうする?

マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は支払の事をどうするか。
という事だと思います。
たいていの方は、銀行や信用金庫などからフラット35住宅ローンの申し込みをすると思います。
申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。
支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。
この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合借金が0円になる。
という残された家族にもメリットがある保険です。
フラット35で近い来年にでも住宅ローンを組んで家を購入される方はローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。
一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。
金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もありますね!この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、合計で計算することで、全体像が見えてきます。
実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったり想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。
住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
フラット35住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。

フラット35は中古住宅購入にも使える?借入基準!【マンションは?】