住宅購入と生命保険の関係とは

住宅を購入する際には頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えを検討されている方も多いでしょう。
借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。
借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。
ですが、借り換えは必ずしもメリットだけを生みだすものではありません。
理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。
無料で借り換えができる。
という所は少ないでしょう。
借り換えにはそういったケースも含め住信SBIネット銀行の住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローンの金利には大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
団体信用生命保険という物は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

主婦には死亡保障必要ない?女性の保険の疑問!【みんなどうしてる?】