バイナリーオプションは大体市場と連動しています

バイナリーオプションの戦略を考えるときには、市場の連動性というものも無視ができません。
とくにアメリカのニューヨーク市場、イギリスのロンドン市場、そして日本の東京市場は、それぞれ連動した動きを見せることで知られています。
それは為替相場にも同じことが言え、ドル、ポンド、円というそれぞれ影響力のある通貨を有している市場という特徴があるのです。
このことを知っておき、さらに時間差があることを考えれば、それをバイナリーオプションに効果的に利用できるというわけなのです。
とくに中国市場の値動きは日本にも影響を及ぼすようになってきています。
欧米が時間差があるのに対して、中国市場での動きはタイムラグが少なく伝わることになります。
インドの市場なども規模が大きくなってきており、このアジアの両国の影響は、日経平均先物や円の為替レートにも作用することがあるのです。
ほかにも、市場内における銘柄の連動性や、為替レートへの影響なども考慮していく必要があります。
とくに、急に円高に動いたり、株価指数が下落したりといった局面では、どこに原因があるかがわからなければ、その後の値動きの予想を立てることが難しくなります。